シンゴのシーン

ミヨシシンゴのブログ。

寿司屋の修業はイマドキ無意味!を修業中の僕が考えてみた。

f:id:shiiiiin:20170707110246j:image

どうも、ミヨシシンゴです!

 

前回の記事はこちら↓↓↓

落語家に弟子入りして半年!今の心境は? - シンゴのシーン

 

最近、「寿司屋に弟子入りして10年も修業するなんて無意味!」みたいな考え方をテレビや本でよく目にします。

たった3ヶ月間専門学校に通っただけの寿司職人がミシュランを取った事から広まった意見だそうなのですが、そんな時代に飯炊き3年と言われる厳しい修業をする事に果たしてどんなメリットがあるのか、落語家として修業中の僕が大きく3つの視点から考えてみました。

 

1.人間力

先ずは人間力

僕が今の師匠に弟子入りした理由は師匠の落語が好きだったからですが、弟子入りして良かったなと思う瞬間は、師匠がお客さんに対して良くも悪くも嘘をつかない姿勢を垣間見た時だったりします。

寿司の握り方は学校で習っても、寿司職人としての心構えは背中からしか学べないんじゃないかなと。

礼儀作法や信頼関係も含め"人間力"って実は意外と大きいんじゃないかなと思っています。

 

2.ノウハウ

関西の落語家は大体3年間の弟子修業をするのですが、この間お金は一切支払う必要がありません。

普通に考えたらこれからそのノウハウを使って商売をするのですから企業秘密がタダな訳がありませんよね。

「この資料やノウハウを頂いちゃっても良いんですか!?」と驚くような事が度々あるのが弟子の世界。

その代わりタダより怖いものは無いですし、何か万分の一でもお返し出来るのか?と考えると、飯炊き3年もあながち長くはないのかもしれません。

時間×対価=給料の短期構造よりも、時間×修業=技能の仕組みの方が長い視点で見ると魅力的な気もします。

 

3.人脈・ブランド力

最後は人脈とブランド力。

落語家は顔と名前を覚えて頂くのが何より大事。

師匠に弟子入りすると、師匠のお客さんから子供や孫のように成長を温かく見守って頂けます。

誰でも最初は素人、そこから一流を目指すに当たって応援して下さるお客さんは必要不可欠です。

そして尚且つ落語家や寿司屋には屋号があります。

修業が終わると暖簾分けして頂けますし、その名前で商売を始めるという事は決して1からのスタートではないんです。

この名前こそがブランドであり、業界で戦う最大の武器になります。

自分一人で始められる世界って、凄く自由で夢があるように見えますが、ブランド力や人脈作りも全部自分一人の責任ですよね。

一方で修業という地味で厳しいように見える期間の後には、それがキチンと報われるだけの餞別が待っています。

 

以上の視点から、弟子修業という一見非効率にも思えるシステムは、現代においても凄く利にかなっているのでは?という説でした!

 

桂枝之進

Facebook 

https://www.facebook.com/edanoshin/

 

Twitter

桂枝之進 (@edanoshin) | Twitter 

 

Instagram 

桂枝之進 (@edanoshin) • Instagram photos and videos

落語家に弟子入りして半年!今の心境は?

f:id:shiiiiin:20170630221324j:image

どうも、ミヨシシンゴです!

 

前回の記事はこちら↓↓↓

稽古が始まりまして、挫折。 - シンゴのシーン

(お陰様でアクセス上位に食い込みました!)

 

2017年1月1日、正月興行で賑わう繁昌亭すぐの喫茶店で、親を交えた面接がありました。

その後わずか1時間で楽屋入りが許され、ド緊張しながら先輩方に挨拶して回った日から今日で半年。

 

この前ある先輩に、「初めは長い長いと思うかも知らんけど、半年くらいで吹っ切れるで。それから3年はあっという間やし、60までもあっちゅう間や。」と言われました。

60まではどうか分かりませんが笑、確かにそうかもしれないです。

 

弟子修業の3年間ってホント大切で、何も捉えないままでも非情に過ぎていくんだと思います。

だからこそ日々何を覚えたのか、どれほどの経験を仕込んだのか、1年の使い方から24時間の使い方までその全てを意識的にやっていく事を最近の課題にしています。

 

去年の年末は2017年の目標を「そつなくこなす」にしていたのですが、弟子入りしてみて心境の変化がありました。

確かに自分の出来る事を一生懸命にやる事は優れた事だと思うのですが、

"出来た事をやるよりも、出来ない事を聞く"

を意識した方がより仕事を身に付ける近道であると。

 

15歳でこの世界に入って一番良かったのは、堂々と恥をかけるところかもしれません。

何にも知らないけど色々聞いてくる奴って結果何でも出来る奴になれるんじゃないかと!

残り半分も気持ち良いくらいに恥をかいていこうと思います。

 

下半期スタート!

 

 

桂枝之進

Facebook

https://www.facebook.com/edanoshin/

 

Twitter

桂枝之進 (@edanoshin) | Twitter

 

Instagram

桂枝之進 (@edanoshin) • Instagram photos and videos

稽古が始まりまして、挫折。

どうも、ミヨシシンゴです!

 

前回の記事はこちら↓↓↓

「ところで2ヶ月間何してたの?」

http://shiiiin.hatenablog.com/entry/2017/03/30/164705

 

5月23日から初ネタの稽古が始まりました。

「三べん稽古」と言うやり方で、師匠が複数回繰り返した後に同じように繰り返し覚えていくKING OF 古典スタイル THE 聞いてたハナシ。

しかしそんな簡単には覚えられる筈がない、と思っていたし事実稽古が始まって驚愕。

自分でもビックリするくらい台詞が入ってこないんです。

そうしてる内にも師匠はネタを三べん繰り返すし、「さあ、やってみ」とか振ってくるし。

もう冷や汗全開で、飛んで火に入る夏の虫とはこのことか!と言わんばかりに台詞を全部覚えたフリをして「昔から!」と叫ぶも続きがさっぱり出てこない。

顔面蒼白で「すいません」とキッカケを貰っちゃったりしながら1時間半の稽古が終わりました。

「次回までに繰って来なさい」と言われた帰り道、少しでもさっき聴いた言葉を思いだそうとちゃんぽん屋の駐車場に入ってボイスレコーダーに途切れ途切れ吹き込んでいくも全体像が全く見えてこない。

仕方ないよ、ちゃんぽん屋だもの。

とか慰めながら家に帰ってその日は倒れるように寝てしまいました。

次の日、昼前から鳴り物の稽古があったので朝から何の気なしに昨日のネタをさらってみると、昨日まで1ミリも頭に入ってなかったネタの台詞が端から端までキッチリ出てきたんです。

自分の耳を疑いながらも更に繰り返してみるとやっぱり綺麗キッチリ覚えてる。

今まであまり信じてなかった睡眠学習を見直したし、少しだけ先が見えたような気がした瞬間でした。

ビバ睡眠、ビバ海馬。

ところで2ヶ月間何をしてたの??

どうもミヨシシンゴです!

 

前回の記事はこちら↓↓↓

ビジネスクラスに乗る!」

http://shiiiin.hatenablog.com/entry/2017/02/10/061459


f:id:shiiiiin:20170330163202j:image

 

もうすぐ3月も終わるやん!ということで、この2ヶ月間何をしていたのかを綴ってみようと思いますー。

 

f:id:shiiiiin:20170330163256j:image

1.海外に行きまくる!

2/1~2/10✈ポーランド

2/18~2/27✈タイ・台湾

に行ってました。笑

経由地のドバイでも外へ出たので、出入国スタンプがめちゃめちゃ貯まる!

全部貯まったら航空券の割引とかしてほしいです。


f:id:shiiiiin:20170330163432j:image

2.会いたい人に会う!

数えてみたらこの2ヶ月間で100人以上の知り合いと会ってました。笑

顔と顔を合わせて話をするってやっぱり大事だな~と思ったり、色んな人と会えば会うほどまだまだ会いたい人っているもんだなって思ったり、意識的に人と会うって実はすごく貴重な経験なんじゃないかと思いました。

 

f:id:shiiiiin:20170330163807j:image

3.国内も旅する!

これは東京と三重に行ったくらい。

行きたいところは山ほどあるから今後も隙を見つけて日帰りか一泊で日本を攻略していきたい!!


f:id:shiiiiin:20170330163928j:image

4.めっちゃ恋愛する!

これは直接会った時に聞いて下さい。

色々。笑

 

 

あとやり残した感があるのは本を沢山読みたかったこと。

正直時間が無かったからあんまり読めなかったけど、時間を作ってでも読みたい本も沢山あって、今度田舎に籠って10冊読むまで帰れまテンやりたい。笑

 

そしてここ3日くらいは予定を何も入れずに料理を作ったり病院に行ったり片付けしたりしてました。

普通に暮らしていると、なんか単調に感じてしまうくらい刺激の強い60日間だったなーと。

改めてこの2ヶ月間に僕と会う時間を作って頂いた方々、本当にありがとうございました!!

 

今後の話は明日。

ビジネスクラスに乗る!

どうもミヨシシンゴです!

 

前回の記事はこちら↓↓↓

ポーランドの寿司屋に行ってみた!

http://shiiiin.hatenablog.com/entry/2017/02/09/092259

 

一週間のポーランド旅行を終えワルシャワショパン空港に到着した僕、行きと同じくオンラインチェックインゲートからスマホ1つで搭乗口までたどり着くと、グランドスタッフに呼び止められこんな言葉を掛けられました。

 

ビジネスクラスに変更していい?」

 

え?!

の形で口が一時停止した僕、しかしこのお姉さんは今確かに”ビジネスクラス”と。

僕は間髪入れずに「YES!!!!!」と叫び、夢のチケットを手に入れました。

 

f:id:shiiiiin:20170209212031j:image

 

誰もいない到着口からスイスイと飛行機に乗り込み、エコノミーからは考えられない座り心地の座席に包まれました。

 

f:id:shiiiiin:20170210045317j:image

 

ウェルカムドリンクとミックスナッツ!

「これがウェルカムドリンクか!」と感動しつつ、ミックスナッツにマカダミアナッツが入ってる事に仰天しつつ快適な空の旅へ。

座席のモニターも格段に大きいし、ヘッドホンもふかふかだし、アメニティセットに靴下まであるし笑、至れり尽くせりな空間でした。


f:id:shiiiiin:20170210045328j:image

 

そしてお待ちかねのランチ!

前菜・メイン・デザートとそれぞれ3種類あるメニューから選べるようで、僕はイマイチ理解できなかったので、全部一番上に書いてるやつを頼みました。笑

 

f:id:shiiiiin:20170210045338j:image

 

メインはビーフステーキとポーランド料理の2種盛りでした!

全体を通して言えるのは、ビジネスクラスのコースは上品に少しずつ、みたいなイメージがあったのですが、全部結構なボリュームでお腹いっぱいになりました。

 

その後も映画を見ながら寛いでいると、もの凄い頻度でCAさんがやってきて、「温かいタオルはいかが?」とか、「メンバーズカードに入りませんか?」とか、「そろそろアイスクリームでも?」とかめっちゃ話し掛けてくるんです。笑

エコノミーではこっちから話し掛けても無視されたのに!

とにかくきめ細かいサービスがありました。


f:id:shiiiiin:20170210045408j:image

 

6時間のフライトを経て飛行機はドバイ国際空港に到着。

快適過ぎて感覚的には3時間くらいでした。笑

 

エコノミーあるあるの「シートベルト着用サインが消えるとみんな一斉に立ち上がってざわざわする。」はこの空間には存在せず、みんな悠々と飛行機を降りていきました。


f:id:shiiiiin:20170210052234j:image

 

ということで、初めての国際線ビジネスクラス体験は思わぬ形でやってきました。

全てがワンポイントこだわってて、なんか凄い世界を覗いてしまったな~と思いながらも、いつか自分でセレクトして乗れるよう頑張っていこうと気合いを入れた瞬間でした。

良い経験したなー!笑

ポーランドの寿司屋に行ってみた!

f:id:shiiiiin:20170209085220j:image

 

 どうもミヨシシンゴです!

 

前回の記事はこちら↓↓↓

ポーランドの映画館に行ってみた!」

http://shiiiin.hatenablog.com/entry/2017/02/08/183007

 

実はここポーランドでは空前の日本ブームが起きています。

アニメの追い風もあってか、首都ワルシャワには100軒以上もの寿司屋(もしくはSushiBar)があるといいます。

今回はポーランド最後の夕食を、国内に6店舗チェーン展開する寿司屋「花SUSHI」で取る事にしました!

 

f:id:shiiiiin:20170209085237j:image

 

ワルシャワ中央駅直結のショッピングモールにある花SUSHIへ。

平日というのに店内はほとんど埋まっていました。

早速メニューを見てみると、寿司以外にも馴染みのある日本食を色々発見!

とりあえずいくつか頼んでみる事に。


f:id:shiiiiin:20170209085249j:image

 

↑お通しのサラダ。笑

甘い昆布だしのドレッシングがかかってました。

アクセントのゴマと合って意外と美味しい!


f:id:shiiiiin:20170209085258j:image

 

↑MISOスープ。

ごくごく普通のインスタント味噌汁でした。

小さい寿司桶みたいな容器に入っていて、レンゲで飲むのが印象的。笑


f:id:shiiiiin:20170209085306j:image

 

↑揚げ豆腐。

厚揚げを薄くした感じです(どないやねん!)

甘辛いソースがかかっていて、まあまあ美味しいかな。笑


f:id:shiiiiin:20170209085316j:image

 

↑寿司の盛り合わせ。

何故かセット名が「のぶ子」でした。笑

太巻きの上からサーモンが巻いてあったり、チキンの寿司に甘だれをディップしたりと日本のそれとは大きく違いましたが、これはこれで美味しかったです。

ガリは日本と同じ物を使っていてなんかホッとしました。笑

 

 

ということで、海外の寿司屋は思ってたより満足感がありました。

 

何より地球の反対側まで来て自国の料理を食べてる感覚が面白かったのと、寿司が世界で愛されているのが変に誇らしかったです。

味は最高に美味しい訳ではありませんが、世界のイメージする「THE日本」が味わえたので良い経験だったと思います。

後みんなお箸の使い方が上手かった!笑

 

デザートの抹茶アイスまでキッチリ食べ終えた僕は、満腹に膨れた胃袋から、現代のグローバル化を少しだけ垣間見れたような気がしました。

ポーランドの映画館に行ってみた!

どうもミヨシシンゴです!

 

前回の記事はこちら↓↓↓

「海外でUber使ってみた」-シンゴのシーン

http://shiiiin.hatenablog.com/entry/2017/02/07/185327

 

折角海外に来たのなら、その国で自分の趣味に合うものを見つけたいですよね。

僕は無類の映画好きで、週一回は必ず映画館で映画を観ています。

旅行中のポーランドでも映画フラグが立った僕は、Googleマップで地元の映画館を検索して行ってみる事にしました!

 

f:id:shiiiiin:20170208151124j:image

 

ワルシャワの老舗映画館ILUZION(イリュージョン)!

ヨーロッパの映画館は基本的にKino Filmsが運営しており、この映画館の正式名称もKino Iluzion Warszawa。

昔ながらのいかにもな佇まいにテンションの上がった僕は、早速中に入ってみることに!


f:id:shiiiiin:20170208151143j:image

 

 今月のスケジュールをゲット!

受付で「20:00~のチケットを一枚下さい」と言うと、モニターには座席の表示が。

日本と同じく全席指定の入れ替え制でした。

一番後ろのド真ん中を指定してチケットを受けった僕は、「これは何分前の入場なのか?」とドキマギしながら奥のカフェスペースへ。

カフェは開場を待つ人で賑わってました。


f:id:shiiiiin:20170208151207j:image

 

そして開始時刻の3分前に入場のアナウンスが!

席につくとCMや予告編も無く、すぐに映画が始まりました。

僕が観たのはドイツ映画のポーランド語字幕で、内容が理解できるか正直不安だったのですが、結論から言うと今まで観てきた映画の中でダントツに面白かったです。

 

先ずポーランドの映画館はお客さんに一体感がある!

平日だった事もあり250席のシアターは40席ほどしか埋まってなかったのですが、映画の中で面白いシーンになると客席は爆笑に次ぐ爆笑。

映画を楽しもう!という気持ちが館内に溢れかえってました。

 

そしてヨーロッパ映画のクオリティ!

言葉は3/1くらいしか分からなかったのですが、ヨーロッパ映画ならではのシンプルな中にキャラクターごとのユーモアな人間劇がありストーリーが手に取るように分かる!

 

海外の映画館はその国の国民性がもろに出るので映画を観ているお客さんを見るのも面白かったです。笑

 

初めは思いつきで入ったこの場所に、最後はどっぷりハマってしまいました。

 

ということでポーランドの映画館は、最高に楽しくエキサイティング!そして言葉の壁も裕に飛び越える魅力的な空間でした!

あー良いもん観たな~笑

 

f:id:shiiiiin:20170208151227j:image